CII、ESGと人的資源に関する開示を求める

▼ 人的資源管理が企業の業績に強く関連
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
全米機関投資家協議會 (CII) は、米上院銀行委員會に対して
公開レターを送り、人的資源の管理とESGに関する報告を
向上させる必要性を呼びかけました。その中で、機関投資家と
個人投資家の両方が、人的資源管理に対するアプローチについて、
明瞭で比較可能な情報を強く求めているとしています。業績と
優れた人的資源管理が強く関連しているという調査結果が數多く
発表されており、人的資源は企業にとって重要なバリュードライバーと
なっています。しかし、重要な指標がデータ化されにくいため、
人的資源に関する情報開示はこれまで進んできませんでした。
これに対し、量的また質的の両方の要素に関して情報を開示していく
時代になったと公開レターでは述べられています。


▼ 定型からの脫出が求められるESGリスク開示
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
ESGリスクの開示についても、それぞれのリスクが実際に企業に
対してどのような影響を與えるのかについて考察した開示が
行われておらず、定型的な開示に留まっていると指摘されています。
そのため、投資家は実際にリスクが現実になる可能性やリスクの規模を
理解できないとしています。ESGに関する明瞭で比較可能な情報は、
投資家と米國市場に役立つと考えられています。企業報告に関する
対話(CRD) など、プライベートセクターが行っているESG開示に
関する規格の統合性を高めることの重要性も指摘されています。


▼ 今後に向けた動き
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
CRDは、企業の報告フレームワーク、規格、そのほかの要件などの
間における一貫性や統一性、比較可能性を促進することを
目的として、國際統合報告委員會(IIRC) が立ち上げました。
CDP、気候変動開示基準委員會(CDSB)、財務會計基準審議會(FASB)、
グローバル?レポーティング?イニシアティブ(GRI)、
國際會計基準審議會、國際標準化機構およびサステナビリティ
會計審議會(SASB)がメンバーとして參加しています。
昨年の11月には、異なるフレームワークの連攜を促進するための
2年プロジェクトが立ち上げられました。

CIIは、重大なESGリスクについては通常の開示レビューに
含めるように企業に働きかけることをSECに求めています。
ただし、ESG関連の報告要件の義務化は當面実現しそうにありません。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◆ 參考?出典
『CII targets better ESG and human capital disclosure』
IR Magazine 2019年4月19日
https://www.irmagazine.com/esg/cii-targets-better-
esg-and-human-capital-disclosure