「最善の利益規則」2020年6月末に施行

▼ 証券販売業者に求められる「平易な言葉でのわかりやすい開示」
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
米國では、SECによる新規制である「最善の利益規則(Regulation
Best Interest)」が2020年の6月30日から施行されます。
それに伴い、今まで以上にプレイン?イングリッシュが
注目を集めています。

これまで米國の連邦法では、投資アドバイザーと証券販売業者には
異なる法規制が課されてきました。しかし、近年では、証券販売業者が
証券の推奨を行っており、顧客からみて投資アドバイザーの
投資アドバイスと區別することが難しくなっていることから、
顧客保護のために証券販売業者に対しても同じような法規制を
課すべきではないかという指摘がされていました。
このような背景の中、証券販売業者が個人の顧客に証券等を
推奨する際に、「顧客の最善の利益のために行動しなければいけない」
ことを定めた「最善の利益規則(Regulation Best Interest)」を
柱とする新規則案が生まれたのです。

この規則において果たすべきとされる義務は、開示、注意、
利益相反回避、法令遵守の4種類となります。
今回特に注目したいのが、開示義務です。ここでは、顧客との
関係の範囲と條件に関するすべての重要な事実や當該推奨に伴う
利益相反に関するすべての重要な事実を書面にて完全そして
公正に開示することが求められています。

▼ プレイン?イングリッシュを活用する
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
情報の受け手にとっての最善の利益を追求するためには、
平易でわかりやすい表現を使ったコミュニケーションが
必要不可欠になります。そのために、今までに以上に注目を
浴びることが予想されるのがプレイン?イングリッシュです。

今回の新規制以外の分野においても、情報社會である今の
社會にとってスピードは重要な要素です。
プレイン?イングリッシュは、書き手が意図した內容を
明確に伝えることで、迅速に相手に理解を促すことができます。
その結果、書き手、読み手の雙方に大きなメリットを生み、
効率的なコミュニケーションを図ることでコスト
効率も高まることが期待されます。

プレイン?イングリッシュの動きは英語に留まらず、
プレイン?ランゲージ(平易な言葉)として世界中に
広がりを見せています。あらゆる分野において今まで以上に
情報の明確かつ公正な開示が求められる中、
プレイン?ランゲージは企業にとって必要不可欠な
ツールとなってきています。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◆ 參考?出典一覧
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20191210/02.pdf