資産運用會社、データ分析をより活用する傾向に

▼MiFID IIが市場トレンドに影響
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
Linedata社が資産運用會社を対象とした調査を行いました。
その結果、MiFID II(第2次金融商品市場指令)の導入に伴う
市場の混亂の中で、バイサイドが投資した資産を守り、
投資を成功させるために、データ分析を活用したプロジェクトを
重視していることがわかりました。

MiFID IIが導入されてから、資産運用業界では新しい動向や
トレンドが數多く生まれています。

▼MiFID II:不安から対応へ
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
2019年は、経営効率の向上とベンチマーク越えのリターンを
獲得するための取り組みが再び大きく注目されるようになりました。
その中でも、特に次の2點が注目されています。

?今まで活用しきれていなかったデータを活用するための取り組み
?データ分析の外部委託。高度なデータ分析、資産運用會社の
投資成績向上へのフォーカス、クライアントへのサービスの向上を実現

バイサイドにとっての昨年の課題として一番多く挙げられたのが、
新規制(44%)でした。その規制が施行された現在、
バイサイドにとっての最も大きな課題として、次のような回答がありました。

?投資成績の維持(34%)
?新規クライアントの資産獲得(33%)
?運営効率の維持(33%)

また、データ分析を活用できるチャンスが最も多いエリアとして、
投資戦略に関する意思決定を挙げた回答者は23%に上りました。

▼新テクノロジーが與える脅威への不安は減少傾向
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
ブロックチェーンや人工知能を活用したロボアドバイザーが
今後5年間の資産運用業界にとって最大の脅威となると考える
バイサイドが減少していることもわかりました。

?今後5年間の資産運用業界にとって最大の脅威は
ロボアドバイザーである:7%(2018年は22%)

?今後5年間の資産運用業界にとって最大の脅威は
ブロックチェーンである:12%(2018年は16%)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◆參考?出典一覧
IR Magazine
『Mifid II: Asset managers focusing on digitization projects』
https://www.irmagazine.com/technology-social-media/mifid-ii-asset-managers-focusing-digitization-projects