世界有數の観光大國になるために

2020年は、プレイン?イングリッシュが試される年となります。
オリンピックの際の外國人観光客に備え、日本中が忙しく準備を
進めています。レストラン、大企業、ホテル、交通機関、小売店
などでは、外國人向けのサービスを提供するために努力しています。

これをきっかけにして、日本は観光大國になれるのでしょうか?

55年前、前回の東京オリンピックの際の日本は、今とはまったく
異なりました。しかし、外國人への対応を迫られていたのは同様です。
現在、高齢化社會となった日本では、投資、労働、レジャーなど
複數の分野において外國人を必要としています。

外國人を誘致するにあたり分野に関係なく重要なのが、
シンプルな言葉、プレイン?ランゲージ
(特にプレイン?イングリッシュ)となります。

「言葉選びや文の構成、デザインがクリアで、
読者が必要な情報を簡単に見つけることができ、
見つけた情報を理解し、その情報を使用できる。
それがプレイン?ランゲージを使ったコミュニケーションです」
國際プレイン?ランゲージ協會

このようなシンプルな英語は日本では今まで使用
されてきませんでした。翻訳の質は上がってきていますが、
目的とするオーディエンスに効果的に意図を伝えることのできる
質の高い翻訳は、他の観光國と比べ後れをとっています。

日本が、外國人旅行者にとって魅力的な訪問先であることは
間違いありません。重要になるのは、來日した外國人に質の高い
體験を提供できるかどうかです。その意味でも、
2020年のオリンピックは重要なイベントとなります。

オリンピックを目的に來た外國人による體験は、テレビ、
インターネット、ソーシャルメディアによって
全世界に伝わっていきます。これは、前回の東京オリンピック
開催時とはまったく異なる環境です。素晴らしい體験もそうでない
體験も一瞬で全世界に伝わるのです。

體験の質にはコミュニケーションの質が深く関わっています。
日本での體験を向上させるためには、コミュニケーションの質を
上げることが必要です。そのためには、
プレイン?イングリッシュが大切な役割を果たします。

日本での夏季オリンピックと時期を同じくして、
オーストラリアでプレイン?イングリッシュの國際標準が
立ち上げられます。日本が世界の人気旅行先トップ10に入り、
順位を上げていくためには、こうした國際標準を活用することが
役立ちます。

プレイン?イングリッシュに関するさらに詳しい情報は
こちらをご覧ください。
http://www.rubbercon2019.cn/plainenglish/