意外と知らない英語の數字ルールとは?

最近、お客様からウェブサイトの翻訳のご依頼をいただいた際に、
英語の數字表記についてご質問がありましたのでご紹介いたします。

英語の數字表記にはさまざまなガイドラインがありますが、
一般的に下記のようなルールがあります。

【Rule 1】1から9までの數字は、文章中では數字を使わず、アルファベットで表記します。
○:I need two documents.

【Rule 2】10以上の數字は文章中では數字で表記します。
○:I need 10 documents.

※イギリス英語のルールでは、1から10までの數字をアルファベットで表記します。
11以上の數字は數字で表記します。

【Rule 3】10以上の數でも文頭にくる場合はスペルアウトします。
○:Ten documents are needed.

【Rule 4】1つのセンテンスで同列的に2つ以上の數を用いるときは、
數字またはスペルアウトを統一します。
○:I asked for 2 sets, not 20.

いかがでしたでしょうか。
一見すると、數字表記の統一がされていないように思われるかもしれませんが
上記のようなルールを考慮しながら翻訳を行っております。
今後の參考になりますと幸いです。