コロナがもたらしたIRへの変化3選
パンデミックが與えた前向きな影響を考える

ここ15か月間、新型コロナウイルスパンデミックを通じて、私たちは人間として企業として、大きな課題に向き合ってきました。私たち誰もが、必要に迫られて多くのことを変えてきました。

米國では新型コロナウイルスに関する規制が少しずつ緩和されてきており、外出する人も増えてきました。今回のパンデミックで自分たちが何を學んだのか、立ち止まって考える人も多くいるのではないでしょうか。

必要に迫られて起こった変化が、未來に與える影響を考える時期でもあります。IRの世界では、次の3つの変化が今後も続いていくと考えられています。

1. ポートフォリオマネージャーの存在感

従來、アナリストと比べてポートフォリオマネージャーは出張が少なく、IR関連のミーティングやカンファレンスにあまり參加してきませんでした。新型コロナウイルスの影響で、多くのカンファレンスがオンライン化されたことで、ポートフォリオマネージャーの出席が急増しました。株式の売買の最終決定を行うポートフォリオマネージャーがIR関連のカンファレンスに參加するようになったのは良い傾向であると言えます。

2. デジタル化の促進

自宅勤務の人が増え、オンラインでの仕事も急増しました。企業は、短期間の間に効果的にデジタル化を進める必要に迫られてきました。オンラインで行う投資家向けの収支報告の質の向上、ユーザーインターフェースの改善、より速いデータ処理などがデジタル化を進めるうえで必要不可欠になっています。

3. ダイバーシティとインクルージョン(D&I)

パンデミックを通じて、多くの社會的課題が浮き彫りになりました。今まで以上に、內部と外部の両方でダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括性)が企業の成長のカギとなります。パンデミック中、ESGに関しての情報をより多く提供するようにIR擔當者は注力してきました。中でも、人材に関する取り組み、多様性、インクルージョン、従業員の健康と安全、パンデミックに対応するための従業員への金銭的サポートが大きく注目されました。これは、パンデミック後も、引き続き重要事項として注目を集めると考えられています。2010年代、投資家は気候変動に大きく注目しました。2020年代、投資家の目はD&Iに注がれると考えられています。