通訳が必要ですか?條件によって変わる通訳の方法とは

弊社では「會議の通訳をお願いしたい」とお客様からご相談を受けることが多くあります。一言で通訳と言っても、會議の規模や參加人數、時間制限など條件によってその方法は異なります。3種類ある通訳の方法について、それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

1:逐次通訳
発言者が數センテンスごとに區切って話し、通訳が都度訳していく方法です。
特徴:內容がより正確に伝わりますが、通訳が無い場合に比べて約1.5~2倍の時間がかかります。
適用場面:少人數の商談やインタビューなど內容を一語一句確認しながら進め、時間に余裕がある場合

2:同時通訳
通訳者が通訳機材を使用して発言の內容を同時に訳す方法です。通訳者は通訳ブースでヘッドフォンから発言者の聲を聞きながら訳します。高い集中力が必要なため、15分から20分おきに通訳者の交代が必要です。
特徴:機材が必要です。また會議が30分以上になる場合、複數名の通訳者が必要です。
適用場面:大人數の発表會、セミナーなど即時情報を伝える必要がある場合

3:ウィスパリング
同時通訳の一種ですが、通訳者がヘッドフォンを通さず、通訳が必要とする方の耳元でささやく形で通訳をします。
特徴:テンポよく會議を進めることができますが、ヘッドフォンを使用しないため、同時通訳ほどの精度を保つことが難しい場合があります。
適用場面:會議參加者のうち、通訳を必要とする方が少人數の場合

國際會議等での多くの実績を持つエイアンドピープルの通訳者はいずれの形式でも対応可能です。大事な會議にはぜひご用命ください。

プレイン?ランゲージの國際會議/Online(2020年10月13日?15日)のスピーカーに弊社代表淺井も參加

2年に一度、プレイン?ランゲージに関する國際會議が開かれています。今年は10月13日?15日にプレイン?ランゲージを推進する団體であるClarity International、Center for Plain Language、Plain Language Association International(PLAIN)により共同でバーチャル開催が行われます。

「ACCESS FOR ALL:Plain Language is a Civil Right(すべての人が利用できる権利:プレイン?ランゲージは市民権)」を合言葉に、社會的な情報発信やサービスの向上のための平易な言葉の利用について様々な発表が行われます。社會責任としてのプレイン?ランゲージ、ISO化の動向など世界的な潮流をいち早く知ることができます。

弊社の代表もプレイン?ランゲージを推進する団體JPELCからビデオ?メッセージで參加いたします。

ご登録は下記から行えます。
https://www.accessforallconference.com/

アニュアルレポート2020トレンド

持続可能性やCSRへの注目がさらに上昇
ここ數年、大企業の持続可能性への取り組みが注目されていますが、2019年には、持続可能性報告書やCSR報告書を発行したフォーチュン200社が90%近くになりました。前年の70%から大きく増加しており、持続可能性への注目がますます高まっています。

報告書の中で特によく使われている、気候変動対策の國際的なフレームワークはGRI (Global Reporting Initiative)とSDG(持続可能な開発目標)でした。

統合レポートを発行する企業數も増加
アニュアルレポートと持続可能性報告書を統合させた形式で、財務面での業績に加えて非財務情報(健康、安全、環境、コミュニティ)を提供する形式が統合レポートです。統合レポートを発行した企業の全體數は少ないものの、前年に比べると2倍になっています。フォーマットやプラットフォームに関しては各社が試行錯誤を重ねており、この試行錯誤の狀況は今後數年続くと考えられています。

デジタルアニュアルレポートの傾向は?
アニュアルレポート専用のウェブサイトやマイクロサイトが注目されています。モバイルデバイスとの相性が良く、企業側が閲覧者の情報を取得できることが大きな魅力です。検索機能や、參照サイトへのリンク、エクセルでのダウンロードなど、投資家向けのツールも充実させることができます。

もうひとつ注目されているスタイルがインタラクティブPDFです。マイクロサイトよりも低予算で作ることができながらも、メニューからコンテンツにジャンプしたり、參照資料のリンクや動畫などを埋め込むことが可能です。